相続で実印を使う場面

相続で実印を使う場面 遺言書がある場合、または相続人がひとりだけの場合には、実印と印鑑証明書は不要です。
ただし、不動産の名義変更登記を代理人に依頼する場合は、委任状とともに必要になります。
また、遺産に預貯金や証券があり、払い戻しを申請する場合は、金融機関によっては必要になる可能性があります。
相続人が複数いる場合は、遺産分割協議書のために全員の実印と印鑑証明書が必要になります。
遺産に不動産があり、不動産の名義を変更する場合にも全員分必要です。
遺産に預貯金や証券があり、払い戻しを申請する場合は、金融機関によっては全員分必要になる可能性があります。
そして、相続税の申告の際も全員分必要になります。
相続人が未成年の場合、印鑑証明書が必要な手続きでは特別代理人が手続きをしますので、特別代理人の実印と印鑑証明書が必要になります。
法的にはサインでも契約が成立しますが、適当なサインで書類を偽造される恐れがあるため、現実的ではありません。
ただし、海外居住者の場合は、印鑑と印鑑証明書の代わりにサインとサイン証明書を利用します。
サイン証明書は、遺産分割協議書を現地の日本領事館に持参して手続きすることでもらうことができます。
在留証明書も合わせて取得すると良いでしょう。

相続遺産の受取人がやるべきこと

相続遺産の受取人がやるべきこと 身内に不幸があった場合には、葬儀や法事を執り行う必要が生じます。
それに加え、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に税の申告と納税を行わなければなりません。
期間を経過すると、配偶者控除や居宅特例といった恩恵を受けることができなくなります。
また、罰金が科せられることもあるため注意しなければなりません。
受取人は、故人の財産を把握することから始めるべきです。
なぜなら、相続の対象は現預金や不動産などのプラスの財産に加え、借金も含まれるからです。
万一借金のほうが多いというケースでは、相続放棄や限定承認といった手続きも視野に入れなければなりません。
それに対し、財産の種類が多い場合ではリストを作成するなどの丁寧な作業が必要となります。
不動産や有価証券など評価の仕方が法律で決められた財産があるケースでは、専門家による正しい評価が求められるでしょう。
後々受取人間でトラブルにならないように細心の注意を払うべきです。
受取人の間で財産の把握と分割協議を行い、分配が確定したら、名義変更の手続きを行う必要があります。
不動産が含まれる場合には相続登記を、有価証券や預金が含まれれば金融機関との調整が必要です。
以上の手続きを終え、資産額が基礎控除額(3,000万円+600万円×人数)を超える場合には、申告と納税の手続きを行いましょう。

新着情報

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 受取人」
に関連するツイート
Twitter

★ひっかかりやすい★ 被相続人及び受取人以外の者が保険料を負担した割合にかかる保険金は贈与税が課されるが、この保険金が生前贈与加算の項目に絡む場合がある。生命保険金の資料に記載されていて生前贈与加算の資料に記載されていないから見落とす、なんてことにならない様に注意する。

Twitter aoisakura21 相続税法学習bot

返信 リツイート 昨日 20:35

親が死亡し、その保険金の受取人を子にしていた場合、子が「相続放棄」をしたとしても、保険金は受け取ることができる。その場合、保険金は「①」財産とされ、「②」税の対象となる。 ↓ ①みなし相続財産 ②相続

父が契約者(=保険料負担者)および被保険者、子が死亡保険金の受取人である生命保険契約に基づき、父が死亡したことにより子が受け取った死亡保険金は、「①」として「②」の課税対象となる。 ↓ ①みなし相続財産 ②相続税 契約者と被保険者が同一で、受取人相続人の場合は相続税の対象。

●事業承継 現経営者が契約者・被保険者となり、保険金の受取人を後継者とする生命保険に加入しておくと、経営者が死亡した際、後継者はその死亡保険金を他の相続人に支払うことで、商売用の財産が分割されることを防ぐことができる。(代償分割という)

契約者と被保険者が夫で、死亡保険金受取人が妻の場合、死亡保険金は「①」税の対象となる。 なお、契約者と被保険者が同一で、死亡保険金の受取人が法定相続人の場合、「『②』万円×法定相続人の数」が非課税となる。 ↓ ①相続税 ②500万円

相続や遺贈により財産を取得した人は相続税が課せられます。社団や法人が納税義務者となることもあります。相続財産には本来・みなしの相続財産があります。生命保険金は非課税枠があり、相続を放棄した人でも受取人の場合、死亡保険金を受け取ることが出来ます。課税対象とならない財産もあります。

生保は相続ではなくて、最初から家族を受取人としてるわけで、受け取れるのかな?

家族を受取人にした生保をかけた人が新幹線に飛び込みました。家族はJRから多額の賠償金求められました。この時って、相続放棄すれば賠償金は回避できると思うけど、生保も支払われないの?

相続税対策 生命保険を使う場合、親を被保険者、子を契約者(=費用負担者)と保険金受取人にし、親が子に保険料相当額を贈与しておく方法がある。

この22歳の奥さんが遺産の受け取り人には違いなく、元々の相続対象の飼い犬も突然死んでいて、生前この奥さんが相続が犬だと大反対と説得を繰り返していたとなると、そりゃ奥さんが怪しまれて仕方ないよな。。