相続で実印を使う場面

相続で実印を使う場面 遺言書がある場合、または相続人がひとりだけの場合には、実印と印鑑証明書は不要です。
ただし、不動産の名義変更登記を代理人に依頼する場合は、委任状とともに必要になります。
また、遺産に預貯金や証券があり、払い戻しを申請する場合は、金融機関によっては必要になる可能性があります。
相続人が複数いる場合は、遺産分割協議書のために全員の実印と印鑑証明書が必要になります。
遺産に不動産があり、不動産の名義を変更する場合にも全員分必要です。
遺産に預貯金や証券があり、払い戻しを申請する場合は、金融機関によっては全員分必要になる可能性があります。
そして、相続税の申告の際も全員分必要になります。
相続人が未成年の場合、印鑑証明書が必要な手続きでは特別代理人が手続きをしますので、特別代理人の実印と印鑑証明書が必要になります。
法的にはサインでも契約が成立しますが、適当なサインで書類を偽造される恐れがあるため、現実的ではありません。
ただし、海外居住者の場合は、印鑑と印鑑証明書の代わりにサインとサイン証明書を利用します。
サイン証明書は、遺産分割協議書を現地の日本領事館に持参して手続きすることでもらうことができます。
在留証明書も合わせて取得すると良いでしょう。

相続遺産の受取人がやるべきこと

相続遺産の受取人がやるべきこと 身内に不幸があった場合には、葬儀や法事を執り行う必要が生じます。
それに加え、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に税の申告と納税を行わなければなりません。
期間を経過すると、配偶者控除や居宅特例といった恩恵を受けることができなくなります。
また、罰金が科せられることもあるため注意しなければなりません。
受取人は、故人の財産を把握することから始めるべきです。
なぜなら、相続の対象は現預金や不動産などのプラスの財産に加え、借金も含まれるからです。
万一借金のほうが多いというケースでは、相続放棄や限定承認といった手続きも視野に入れなければなりません。
それに対し、財産の種類が多い場合ではリストを作成するなどの丁寧な作業が必要となります。
不動産や有価証券など評価の仕方が法律で決められた財産があるケースでは、専門家による正しい評価が求められるでしょう。
後々受取人間でトラブルにならないように細心の注意を払うべきです。
受取人の間で財産の把握と分割協議を行い、分配が確定したら、名義変更の手続きを行う必要があります。
不動産が含まれる場合には相続登記を、有価証券や預金が含まれれば金融機関との調整が必要です。
以上の手続きを終え、資産額が基礎控除額(3,000万円+600万円×人数)を超える場合には、申告と納税の手続きを行いましょう。

新着情報

◎2018/7/27

遺産相続協議を穏便に済ませる
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 受取人」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@owo_oysm 年賀状だけにして………マジで……… 大金ほしいなら自力で稼げばよくない?保険金目当てなん?保険金の受け取り人は指定してある?ことちゃらに指定してあればことちゃら以外受け取れないから、指定しなければ指定しといたほうがいいよ、相続で横取りされかねないから。うちみたいに。

Twitterゆっちゃ🎃🍭🍶@YUCHAN_saz

返信 リツイート 昨日 15:07

死亡保険金の保険料を負担した人と被保険者が同じ場合、受取人相続人であれば相続により取得したものとみなされ、相続人以外の時は遺贈により取得したものとみなされる。

返信先:@senrioff 気持ちはめちゃくちゃ分かる!積立しようかなって思ったし、ていうか今も思ってるwww けど相続がなぁ…私の場合なら、兄を受取人にして自分の死亡保険入るのが現実的かなぁ…。

Twitterクリスピークリーム千鳥@chidossan

返信 リツイート 10/20(土) 15:29

相続や遺贈により財産を取得した人は相続税が課せられます。社団や法人が納税義務者となることもあります。相続財産には本来・みなしの相続財産があります。生命保険金は非課税枠があり、相続を放棄した人でも受取人の場合、死亡保険金を受け取ることが出来ます。課税対象とならない財産もあります。

返信先:@nikolesmikan 僕らも一緒に生活してもう10年以上が経ち、ニーコルさんの仰る不安を感じたことあります。でも、切迫して困る事はなかったし、万一に備えて、保険の受取人相続の事など、既に準備は終えています。個人では絶対に対処できない事は、切迫した問題だし、制度化を訴えることは必要と思っていますよ

★ひっかかりやすい★ 被相続人及び受取人以外の者が保険料を負担した割合にかかる保険金は贈与税が課されるが、この保険金が生前贈与加算の項目に絡む場合がある。生命保険金の資料に記載されていて生前贈与加算の資料に記載されていないから見落とす、なんてことにならない様に注意する。

死亡保険金の保険料を負担した人と被保険者が同じ場合、受取人相続人であれば相続により取得したものとみなされ、相続人以外の時は遺贈により取得したものとみなされる。

...被保険者⇒親 ➂保険金受取人⇒子供 被保険者である親に死亡事故が発生した場合、保険金受取人である子共が生命保険金を受け取ることになります。この子供が受け取った生命保険金には非課税枠として「相続人の数×500万」までは相続税がかかりません。 例えば、相続人が長男・次男の二名の場合には1000万円の非課税枠がありますので、長男が1500万円の生命保険金を受け取ったとしても、相続税の課税対象は500万...

★ひっかかりやすい★ 被相続人及び受取人以外の者が保険料を負担した割合にかかる保険金は贈与税が課されるが、この保険金が生前贈与加算の項目に絡む場合がある。生命保険金の資料に記載されていて生前贈与加算の資料に記載されていないから見落とす、なんてことにならない様に注意する。

退職手当金等の受取人が具体的に定まっていない場合、相続人が均等に取得する者として取り扱う。(×相続分で按分)